並べられた壺

 
倉林です。

 
今回は、僕の大好きな物語をご紹介します!

 
====================
インドのある水汲み人足は

2つの壺を持っていました。

天秤棒の両端にそれぞれの壺を下げ、

彼は水を運びます。

片方の壺には、ひびが入っていました。

 
完璧な壺が小川からご主人様の家まで

一滴の水もこぼさないのに対し、

ひび割れ壺はいっぱいまで水を

汲んでもらっても家に着く頃には

半分になってしまいます。

 
完璧な壺は、

いつも自分を誇りに思っていました。

なぜなら、

彼は本来の目的を

常に達成することができたからです。

 
ひび割れ壺は、

いつも自分を恥じていました。

 
なぜなら、

彼はいつも半分しか

達成することができなかったからです。

 
二年が過ぎ、

すっかり惨めになっていたひび割れ壺は、

ある日川のほとりで水汲み人足に話しかけました。

 
「私は自分が恥ずかしい。

 そして、あなたにすまないと思っている。」

「なぜそんな風に思うの?何を恥じているの?」

水汲み人足は言いました。

 
「この二年間、私はあなたのご主人様の家まで

 水を半分しか運べなかった。
 
 水が漏れてしまうから、
 
 あなたがどんなに努力をしても
 
 その努力が報われることがない。
 
 私はそれが辛いんだ。」

壺は言いました。

 
水汲み人足は、ひび割れ壺を気の毒に思い、

そして言いました。

 
「これからご主人様の家に帰る途中、

 道ばたに咲いているきれいな花を見てごらん。」

 
てんびん棒にぶら下げられて丘を登って行く時、

ひび割れ壺は、お日様に照らされ美しく

咲き誇る道ばたの花に気づきました。

 
花は本当に美しく、

壺はちょっと元気になった気がしましたが、

ご主人様の家に着く頃には

また水を半分漏らしてしまった自分を恥じて、

水汲み人足に謝りました。

 
すると彼は言ったのです。

「道ばたの花に気づいたかい?

 花が、君の通る側にしか咲いていないのに
 
 気づいたかい?

 僕は君からこぼれ落ちる水に気づいて、
 
 君が通る側に花の種をまいたんだ。
 
 そして君は毎日、
 
 僕たちが小川から帰る時に水をまいてくれた。
 
 この二年間、
 
 僕はご主人様の食卓に花を欠かしたことがない。
 
 君があるがままの君じゃなかったら、
 
 ご主人様はこの美しい花で
 
 家を飾ることはできなかったんだよ。」

 
『ひびわれ壺』
(作者不明 菅原裕子訳)
====================

 


   

欠けているところは

どうしても目についてしまうものです。

そして、ついその存在を否定してしまいがちです。

 
本当はただ欠けているだけなのに、

存在価値そのものが無いように捉えて

しまいがちです。

 
欠けているのは事実だとしても、
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

それをどう解釈するのかは選択できます。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 
僕がこの物語を大好きなのは、

「欠けていてもいいじゃん」

という(安易な)肯定で終わらずに、

「そこがむしろあなたにしかない

 強みなんだよ!」

という力強い励ましが伴う点です。

 
「ひび割れ壺」にしかできない

「強み」

を見出し、

「仕事」「役割」

を与えられている点が

素晴らしい!

と読むたびに感動しています。

 
そして、僕もこんな関わり方をしたいなあ、と。

 
 
あなたは、誰のひびに

どんな種をまきますか?

 
 
それでは、

今日も最高の一日になりますように!

 
 
<参考書籍>

菅原 裕子 (著, 翻訳)
『ひびわれ壺 子育てに大切なことがわかる小さな物語』

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/457611025X/sugoi-nl-22/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

メルマガ購読