両手の花4

 
倉林です。

 
これまで、メルマガで何度か

「口を挟まずに話を聴けるように

 なっただけで、

 コミュニケーションに対する

 苦手意識がなくなり、

 コミュニケーションに関する

 相談を受けるようになった」

と書きましたが、

コミュニケーションに関して

いまだに困っていることがあります(汗)

 
それは、

「どう思いますか?」

「どうしたらよいですか?」

という質問に対して、

つい真に受けて答えてしまうということです。

 
無意識にやっています…。

 
実は、本当に質問したくて
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

質問しているわけではない
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

場合もあるんですよ。

 
例えば、

「自分の話を否定せずに聴いて欲しい」

「自分を承認して欲しい」

「今は考えたくない」

なんて思いが根っこにあったりします。

 
なので、真に受けて答えてしまうと、

すれ違いが起きてしまうことも。

 
相談した側は

「もういいですよ!」と怒り、

相談された側は

「せっかく答えたのに!」と怒る(笑)

 
男女間の会話でありそうですね。

というかありました…(遠い目)

 


   

では、どうすればよいのかと言うと、

質問に答える前にいったん立ち止まって、

 
「私の考えを言えばいい?」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

「私はただ聴けばいい?」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

「あなたはどう思うの?」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 
と相手に返すだけでOK。

 
これだけで本当にコミュニケーションが

流れ出します。

 
質問に答える前にいったん立ち止まれるか

どうかの方が難しいですかね(笑)

 
 
あなたは、質問に答える前に

いったん立ち止まっていますか?

 
 
それでは、

今日も最高の一日になりますように!

 
 
<追伸>

質問する側だったら、

「あなたの考えを教えて欲しい」

「ただ聴いて欲しい」

などとリクエストしましょー!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

メルマガ購読