『コロンビア!』っと腕を高々とあげる男性

 
倉林です。

 
あなたは、気分のすぐれないとき、

どうしていますか?

 
ガマンしていますか?

それとも、休養していますか?

 
どちらもアリですが、

毎回できるものではありませんよね…。

 
今回は、気分のすぐれないときに

すぐに行える

「1分間スイッチ」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

をご紹介します。

 
すごく簡単でして、

 
ガッツポーズや笑顔など、
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

「元気な人が行うカラダの使い方」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

をマネしてみるだけです(笑)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 


   

朝、何となく気分がすぐれないなら、

1分だけガッツポーズをやってみる。

 
通勤中に何となく暗い気分になるなら、

1分だけ胸を張って歩いてみる。

 
仕事中にイライラするなら、

1分だけ笑顔を作りながら仕事してみる。

 
こんな感じです。

 
さて、

選択理論心理学には、

「全行動」という理論があります。

 
全行動には

「行為」「思考」「感情」「生理反応」

の4つの要素があって、

4つの要素全てが関連しています。

 
ですから、

ガッツポーズという「行為」を取ると、

元気になるという「感情」が生まれます。

 
前向きな「思考」、

血流が増えるなどの「生理反応」も

付いてくるでしょう。

 
「感情」「生理反応」は

直接コントロールしにくいので、

「気分がすぐれないなあ」という「感情」を

直接変えることは難しいのです。

 
一方で、「行為」「思考」は

直接コントロールしやすいので、

「ガッツポーズ」という「行為」を

取ることはたやすいのです。

 
それでいて、4つの要素全てが

関連しているので、

「気分がすぐれないなあ」という「感情」を

変えたのと同じ効果が得られます。

 
これは活用しない手はありません!

 
ぜひご友人にも教えてあげてくださいね!

 
 
あなたは、気分のすぐれないとき、

どんな「1分間スイッチ」を使ってみますか?

 
 
それでは、

今日も最高の一日になりますように!

 
 
<追伸>

あまりに状態がよろしくないようなら、

たっぷりリフレッシュ休暇を

取ってくださいね。

丸一日、携帯もPCも開かない日が

あってもよいかと思います ^^

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう