拡声器で応援する女性社員

 
倉林です。

 
先日のメルマガで、

どうしたら人間関係と成果の両方を

手に入れることができると思いますか?

と問いかけたきり、そのままになっていました(笑)

 
今回は、一つの考え方をご紹介しますね。

(唯一の正解という意味ではありません)

 
ちなみに、メルマガのバックナンバーからの

引用です ^^

 
チームで成果を作っていくときに参考になるのが、

マサチューセッツ工科大学の

ダニエル・キム教授が提唱している

「組織の成功循環モデル」です。

組織の成功循環モデル

 
このモデルでは、「関係の質」(人間関係)を高めると、

「思考の質」が前向きになり、

「行動の質」が向上し、

「結果の質」が高まることを示しています。

そして、「関係の質」はさらによくなります。

 
例えば、

よい人間関係を作れば、

「何かあっても周りが助けてくれる」

と思えてきて、

チャレンジしやすくなります。

こんな状態なら、成果を上げやすくなります。

 
ですから、チームで成果を上げたい場合は、

よい人間関係を作ることに焦点を当てる
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

とよいのです。

 
そうすると、人間関係も成果も両方手に入ります。

 
逆に、「結果の質」に焦点を当てると、

「関係の質」「思考の質」が悪化し、

さらに「結果の質」が下がります。

 
成果(できたかできなかったか)に焦点を当てると、

できたらホメられて、

できなかったらホメられないということになります。

こんな状態では

助けてもらえるとは思えません。

そして、人間関係がギクシャクし、

チャレンジしにくくなっていき、

チームの成果は上がりにくくなります。

 
残念ながら、多くのチームはこちらになりがちです。

成果は分かりやすいですからね。

つい指摘(批判)してしまいます…。

 


   

さて、「よい人間関係を作る」には

どうしたらよいと思いますか?

 
この質問をすると、多くの方は

難しく考えるあまり黙ってしまいます。

 
でもね、簡単なことでいいんです。

いつもの生活の中で、一瞬でできること
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

でいいんです。

 
例えば、こんなことでいいんです。

・名前を呼ぶ。

・目を見て話す。

・「それいいね!」と言う。

・「ありがとう」と言う。

・「ドンマイ」と言う。

・素晴らしい点を具体的に言う。

 
PCを見ながら話したり、

「おーい」「お前」なんて呼んでいたり、

やってもらって当たり前だと思っていたり、

気がかりな点を指摘するだけでは

人間関係は築けません。

 
ぜひ、いつもの生活の中で、一瞬でできることから

試してみてくださいね!

 
 
あなたは、何をしてもらったら嬉しいですか?

 
 
それでは、

今日も最高の一日になりますように!

 
 
<追伸>

研修後の懇親会で、

「倉林さんはきっとスゴい人になるんだろうなあ」

と言って頂けたのは嬉しかった… (・∀・)

期待以上になりますよ!(笑)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

メルマガ購読