花瓶とテーブル

 
倉林です。

 
今回は、朝の時間の使い方をご紹介しますね。

 
といっても、僕ができているわけではないので(泣)

『大富豪の仕事術』からの紹介です。

 
本書の著者であるマイケル・マスターソンは、

ジェイ・エイブラハムやブライアン・トレーシーが

リスペクトする、

毎年700億円を生み出すスーパー起業家です。

 
そのマイケル・マスターソンは、次のように

朝の時間について述べています。

 
────────────────────
最初にすべきことを最初にする。

さぁ、何から始めよう?

私なら、こんなことから始めるだろう。

 
・早起きする。遅くとも6時半には起きる。

・早く仕事にとりかかる。遅くとも7時半には仕事を始める。

・最初の1時間を、最も重要なゴールに通じる課題のために使う。

・まだエネルギーが残っていたら、次の1時間も、

 同じような課題のために使う。

 そうでないときには、2番目に重要なゴールに通じる

 課題に切り替える。

・次の1時間は、別な優先課題のために使う。

・もう1時間、重要な課題をすませるのに使う。

 重要度の低い仕事や、ほかの人からの緊急の課題に

 とりかかるのは、必ずその後だ。

 
ほとんどの人たちが出勤してくるころ、

8時半から9時ごろまでには、

少なくとも1時間、ときには2時間分の

課題をすませ、

ゴールへと前進することができる。

ゴールとは、私のコア・バリューに対応した

ゴールのこと、私の人生を信じられないほどに

一変させてくれるゴールのことである。

これこそが最高の一日を送る方法なのだ!
────────────────────

 


   

僕が初めて本書を読んだとき、

「やっぱり朝から午前中が勝負なんだ!」

「こうやって語れるくらいに、

 時間の使い方を明確にしているんだ!」

という感想を抱きました。

 
僕は夜が勝負で(笑)

時間の使い方があまりにテキトーだったので…(苦笑)

 
マイケル・マスターソンの例は参考として、

まずはあなたにとっての

 
「理想の朝の時間割」を作ってみる
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 
とよいかと思います。

 
実際にやるかどうかは別として、

理想の状態を意識しておくだけでも
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

違いますので。

 
 
あなたは、理想の朝の時間割を持っていますか?

 
 
それでは、

今日も最高の一日になりますように!

 
 
<参考書籍>

マイケル・マスターソン
『大富豪の仕事術』
http://directlink.jp/tracking/af/1017931/dVZwZj1O/

本書は一般書店では売っていません。

上記リンクから買って頂くと、

僕が喜びます(笑)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう