地図

 
倉林です。

 
あなたは、『ジョジョの奇妙な冒険』という

漫画をご存知でしょうか?

まあ…マニアックな部類に入る漫画だと思うので

知らない方が多いかもしれませんね(笑)

 
『ジョジョの奇妙な冒険』の作者である

荒木飛呂彦さんが書かれた『荒木飛呂彦の漫画術』には

このような記述があります。

 
────────────────────
僕自身にも、なかなか認めてもらえなかった

デビュー前後の苦しい時期に

支えとなった「地図」がいくつかあります。

そのひとつは、

ヌーベルバーグの名監督であるトリュフォーが

サスペンスの巨匠ヒッチコックに

インタビューした

『映画術』で、

これはまさに「映画の教科書」と

呼べる書物なのですが、

漫画家を目指す人もざひ読んでおくべき

だと思います。

(省略)

以来、この本は必携の一冊となり、

今でも時々読み返しています。

厳しい編集者から様々指摘され続けてきても

心が折れなかったのは、

「自分はこういう漫画を書きたい」

という明確な目標があり、

『映画術』のような「地図」のおかげで、

その目標に到達するための、

自分なりの道筋が

見えていたからです。
────────────────────

 


   

明確な目標を持つことの重要性は

色々なところで言われていますよね。

 
加えて、「地図」を持つのも

本当に大事だと実感しています。

 
もしも「地図」が無いとしたら、

何かあったときにすぐ折れてしまいます。

これが何となく肌で分かるので、

いつも不安がつきまといます。

 
もう一つ大事なことは、

「地図」を見返す時間を事前に計画しておく
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

ことです。

これを抜かすと意味がありません ^^;

 
 
あなたは、どんな「地図」を

いつ見返しますか?

 
 
それでは、

今日も最高の一日になりますように!

 
 
<参考書籍>

荒木飛呂彦
『荒木飛呂彦の漫画術』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4087207803/sugoi-nl-22/

 
 
<追伸>

ちなみに、僕の「地図」のひとつは

こちらの小冊子です。

複雑化した思考がシンプルになります。

超オススメです!

 
今井孝さん
『キキと起業』
(魔女の宅急便に学ぶ自分らしい生き方)

http://achievus.appassionato.co.jp/buy-kiki

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

メルマガ購読