記憶より記録!

 
倉林です。

 
「覚えていてくれてありがとうございます!」

 
これは、僕が能力開発セミナーの

アシスタント(お手伝い、ボランティア)に

毎月参加していたときによく言われた言葉です。

 
その人の名前や、どんなことを話したのか、

などを覚えておいて

再会したときに言うと

本当に喜ばれます。

 
こちらから話しかけるとさらに

喜ばれます。

 
受講生の方々は緊張していますからね。

 


   

さて、昔からこんなことができたのかというと

全く違います(笑)

 
自分がやってもらって嬉しかったので、

徐々に身につけていっただけです。

半年くらいかけて。

 
それまでは、自分から話しかけることなんて

ありえません(笑)

また、話しかけられるのも正直イヤでした(笑)

 
コミュニケーションそのものを

放棄していた感じです。

 
一つずつやってきました。

 
その、一つずつやってきた中で

効果が大きいと感じたのが、

 
「名前を覚えておく」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 
ことでした。

 
人間関係を築くために、

相手に喜んでもらうために、

やったらよいことはたくさんあります。

 
ただ、全てやろうとすると難しいので、

まずは一つだけでよいかと。

 
それが「名前を覚えておく」ことです。

 
記憶力が弱い…という場合は、

Facebookの友達リストや、名刺リストなどを

たまに眺めてみると

「そういえばこんなことがあったっけ」

と思い出せますよん。

さすがにきっかけがないと忘れていきますので ^^;

 
 
あなたは、相手の名前を覚えておくために

どんな工夫をできそうですか?

 
 
それでは、

今日も最高の一日になりますように!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

メルマガ購読