花のアクセサリーを両手いっぱいに持つゆるふわな女の子

 
倉林です。

 
「なりたい自分」「達成したいこと」「欲しいもの」

をイメージするのは大事です。

 
具体的にイメージしないと手に入りにくいですからね。

 
ただ、「なりたい!」「達成したい!」「欲しい!」

だけではおそらく逆効果でしょう。

 
逆に理想と現実とのギャップを感じすぎて

自分に欠けている点ばかり見てしまい、

凹みます…。

結局、自分にはムリだと思ってしまいます。

 
また、人が離れていってしまい、

協力者が現れにくくなります。

欲しがるだけの人と接していると、

時間やお金やエネルギーなどを奪われる感覚

に陥るからです。

 
それでも具体的にイメージするのは大事です。

 


   

ではどうしたら効果的なのかというと、

認知科学者の苫米地英人さんは

 
「既に持っていると思いなさい」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 
と指摘します。

 
持っている、は必要に応じて、

達成しているとか叶えているとか

置き換えてもよいでしょう。

あるいは、達成に必要な能力や人脈を

既に持っていると捉えてもよいでしょう。

 
これには色々な方法がありますが、

そのうちの一つをご紹介します。

 
「もし○○を既に持っているとしたら、
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 何をしたいか?
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 
 何をしているか?」
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 
と自分に仮定質問をして、

答えを妄想していくだけです。

何度も。

 
これを繰り返しているうちに、

行動を起こしやすくなります。

 
コンテストで優勝したいなら、

優勝したものとして、

スピーチの練習をしてみるとか。

実際に人に聞いてもらうと効果的です。

 
もちろん、スピーチではなくて

通常の練習も必要です(笑)

でも、ゴールが明確でないままでは

なかなか行動し続けるのは大変ですからね。

 
 
あなたは、もし既に持っているとしたら

何をしたいですか? 何をしていますか?

 
 
それでは、

今日も最高の一日になりますように!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

メルマガ購読