手ごたえを感じるビジネスマン

 
倉林です。

 
昨日は久しぶりに22時に寝ました ^^

こんなに疲労回復度が違うとは…!

2時に寝ると朝が苦痛ですが(笑)

22時に寝ると朝は快適に感じます。

 
さて、今回は、朝起きるための秘訣をご紹介します。

 
最近はそんなに早く起きていませんが(笑)

毎日4時半に起きていたときのコツをご紹介します。

 
僕はヘンに影響されやすいところがありまして…、

色々な起業家の本を読んで、

「早起きしなくては!」

「アメリカの成功者は4時半起きか。なら、オレも!」

と思っていました。

 
「早起きしたい!」というよりは、

「早起きしないからダメなんだ」という感じ。

 
でもなかなかできなくて、悔しくて、

色んな方法を試してきましたねえ。

 
・前日の夕食は軽めに。特に、炭水化物と油脂を減らす。

・22時台に寝る。

・高反発マットレス(マニフレックス)を敷く。

・羽毛布団をかける。

・アイスノンを敷く。
 (僕は超暑がりなんです)

・テンピュールのアイマスクをつける。

・21時くらいから部屋の照明を少し暗めにする。

・寝る前にサプリメント(メラトニン)を飲む。

・光で起こすタイプの目覚まし時計を使う。

・寝床とは離れたところに目覚まし時計を置く。

・北枕で寝る。風水的にはこれがいいらしい。

・次の日のことをニヤニヤ妄想しながら寝る。

・朝イチで勉強会や面会の予定を入れる。

 
どれもそこそこ効果はあるので、

ぜひお試しください(笑)

 


   

でも、朝起きて行動を開始できるかという意味では

ちょっと弱かった気がします。

 
朝起きて行動を開始するためには、

 
「目が覚めたら、
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 布団の中で
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 本気ガッツポーズを
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 何度かやってみるとよい」
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 
です。

 
本気ガッツポーズとは、

アニマル浜口の「気合いだ!」に

近いかもしれません。

 
あんな感じで、

僕は7回くらい本気ガッツポーズを

やって、その勢いで起きてしまいます。

 
不思議とそのまま行動を開始できるので

オススメです。

 
何名かの方に試してもらいましたが、

かなり成功率の高い方法です。

 
 
あなたは、何時に起きられたら

嬉しいですか?

 
 
それでは、

今日も最高の一日になりますように!

 
 
<追伸>

久々に早起きすると落ち着かん(笑)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

メルマガ購読