実験をするスペインの科学者4

 
倉林です。

 
そういえば、ちょっと前まで、

「決める」

という表現がとても苦手でした。

 
何だか圧迫感があって、

逃げ場が無い感じがあんまり好きではなくて。

僕は、競争や勝ち負けが苦手なので、どうもね。

 
モチベーションが上がりまくっているときなら

よいのですが、普段は大人しめですので(笑)

 
でも、少し慣れてきてしまったのか、

このメルマガでも「決める」を多用していますね…。

 
僕は、「決める」を、

「とりあえず決める」

「仮決め」

くらいの意味合いで使っています。

 
このくらいに考えておけば、

すぐに決めることができます。

 
そうでないと、

「決めたら後戻りできないしなあ」

などと思ってしまって、

なかなか決められません(笑)

 


   

「仮決め」でもイメージがわきにくかったら、

「仮説」でもいいと思いますよ。

 
例えば、新事業を立ち上げるのであれば、

「自分に向いているのはこの事業である」

「この事業なら望む売上を上げられる」

という「仮説」を立て、

 
その仮説を「検証」していくだけです。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

他人事のように、客観的に。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 
なかなか決められない方は、

「できなかったらどうしよう?」

と思ってしまうことが多いようですが、

「仮説の検証」だったら

そもそものスタート地点が異なります。

 
できるという状態だけがゴールでは

心理的負担が大きいですよね。

 
行動できるようになればいいだけなので、

自由に考え方を選択してみてくださいね。

 
今回ご紹介したのはあくまで一例です。

他にも色々な考え方がありますので、

またご紹介しますね。

 
 
あなたは、どんな仮説を検証してみますか?

 
 
それでは、

今日も最高の一日になりますように!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

メルマガ購読