meeting-552410_640

 
倉林です。

 
ここ数週間で、こんなことを新しく始めました。

業務改善支援と新規事業です。

 
・顧客情報をデータベース化し、

 契約更新が近い顧客だけを抽出して、
 
 メールで通知するシステムを設計中。

 
・100名程度いるメンバーの作業進捗管理

 (工程管理)をデータベース化し、

 誰がどの作業まで終わっているのか、

 次にやるべき作業は何かを

 把握できるようなシステムを設計中。

 
・健康産業に従事する友人と組んで、

 ダイエット・コーチング・プログラムを設計中。

 (モニター募集中です ^^ )

 
ほんと何屋やねん、と。

それに、案件を抱え込みすぎですね…(笑)

 


   

さて、その多くの案件の中で、

進むのが速い案件と遅い案件があります。

 
その違いは、

「締め切りを自分以外の方に宣言している」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

かどうか、です。

 
チームで進めるとあっという間にカタチになっていくのは

「では2週間後に資料の叩き台をお見せします」

などと宣言するからです。

 
一人で進める案件、例えば、無料レポートも、

締め切りを宣言しなかったときはあっという間に

半年が経ちました…(笑)

が、締め切りを宣言したら2週間で公開できました。

 
当日の深夜まで頑張りましたが(汗)

そこまでやろうと思えたのも、

「締め切りを宣言した」からです。

 
宣言するのは、対面でなくても、

FacebookなどのSNSでよいかと思います。

 
「締め切りを守れなかったらどうしよう…」と心配になる方も

いるかと思いますが、大丈夫です!

後になって、「そういえばあの件は…?」

と1 – 2名に言われるくらいですから。

 
その頃には本人もすっかり忘れているので

何も問題ありません!(笑)

 
まずは、とりあえず宣言してみるだけで

よいかと思いますよ。

 
 
あなたは、「なかなか進まないなあ」と

思う案件はありますか?

 
 
それでは、

今日も最高の一日になりますように!

 
 
<追伸>

いやー。ほんと、自分は何屋なんだろう?と思います(笑)

もしいい感じの表現がありましたら、

ぜひ僕に教えてください(懇願)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

メルマガ購読