指でバツを作る外国人女性

 
倉林です。

 
あなたは、「やりたくないこと」を紙に書き出してみた

ことはありますか?

 
僕は今から3年前に神田昌典さんの

『非常識な成功法則』で知り、

実践してみました。

 
超オススメなので、もしやったことがないようでしたら、

ぜひやってみてくださいね ^^

 
特に、「やりたいことが分からない」という方にこそ

やって欲しいなあと思います。

やりたいことが分からなくても、

やりたくないことはすぐに大量に書けるかと(笑)

 
やりたくないことを書く中で、

やりたいことも明確になってきますよん。

 
『非常識な成功法則』からの抜粋をご紹介しますね。

 
────────────────────
可能、不可能は別として、とにかく、

やりたくないことを全部書く。

なぜこんなことをするのか?

ベティ・エドワーズという美術教師がいる。

絵を教えることについては、天才的な人だ。

彼女は言う。

「親指を描きたいなら、親指を描こうとしてはいけません」

「親指をを描きたいなら、親指の周りの空間を描きなさい」
────────────────────

 


   

また、やりたくないことを書き出すと、

「日々の不安の元」

「日々自分を振り回すもの」

「日々自分のエネルギーを奪っているもの」

も明確になります。

 
これらが明確になるだけでもアタマがスッキリします。

 
正体が「分からない状態」「整理されていない状態」は

しんどいですからね…。

 
やりたくないことの派生版として、

付き合いたくない人を書くのもオススメです。

個人名を書いてもいいですが(笑)

「いばる人」など特徴を書くとよいです。

 
 
あなたは、やりたくないことを紙に書き出して

みたことはありますか?

 
 
それでは、

今日も最高の一日になりますように!

 
 
<参考書籍>

『非常識な成功法則』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4894514656/sugoi-nl-22/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

メルマガ購読