卵

 
倉林です。

 
あなたは、ご自分の商品やサービスがある場合、

価格や料金はどうやって決めますか?

 
色々なパターンがありますよね。

・競合他社の金額を基準にして決める。

・クライアントの予算を基準にして決める。

・クライアントが得られるものを基準にして決める。

・リスクで決める。

・勘で決める。

・工数を算出して決める。

・欲しい金額で決める。

 
どれも正解です。

自分もクライアントも納得すればいいだけです。

 
さて、自分で決める価格や料金には

どのような「意味」があると思いますか?

特に、カタチの無いサービスを売っている場合は

大事な考え方です。

 
最近教えて頂いたのは、

価格や料金は「決意表明」である
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

という考え方です。

 


   

「クライアントが成果を上げるまでやり続ける」

のであれば、

単に売って終わりではなくなりますし、

価格や料金は必然的に上がります。

 
セミナーを開催しっぱなしで50万円は

高いと思われるかもしれませんが、

もしも手厚いサポートを付けるなら

高いとは思わなくなりそうです。

 
そして、高い金額を設定すれば

自分も成長できます。

 
低い金額では「ここまででいいかな」と

妥協してしまいやすくなりますが、

高い金額なら「もっとフォローしよう」と

思えますから。

 
価格や料金を決めるのにお困りなら、

「どこまでやるのか?」を

基準に「自分で」決めてみてくださいね。

 
みんなハッピーになれますから。

 
 
あなたは、クライアントに対して

どこまでやりますか?

 
 
アチーバス! GO!

今日も最高の一日になりますように!

 
 
<追伸>

僕が将来的にやりたいのは、

3ヶ月 – 半年間続く講座です。

料金は1人50万円で。

そのために毎日少しずつ行動し続けています。

さすがに実績の乏しい人に50万円は

払えませんから ^^;

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

メルマガ購読