「ここ試験にでるよ!」と熱弁する塾講師

 
倉林です。

 
以前、「フォトリーディング」という速読術のセミナーに参加したとき、

講師の神田昌典さんがこんなことをおっしゃっていました。

 
「周りの方から質問されたとき、

 『いい質問ですね!』

 と言ってから答えてみてください。

 すごく答えやすくなりますよ。

 また、答えを知らなくても、

 何かしら答えが浮かんできますよ。

 嘘くさいけど、本当です(笑)」

 


   

されたくない質問、答えを知らない質問をされたとき、

ついつい「イヤな質問だなあ」と思ってしまいがちですが、

「いい質問ですね!」

とまず言うようにすると、あら不思議。

本当に答えが浮かんできます(笑)

また、質問した側も、された側も、周りの方々も、

いい雰囲気になります。

 
たとえそのものずばりの答えが見つからなくても、

「後日改めてお答えしますね」

と言いやすい空気です。

 
さて、ご紹介した方法は「やり方」です。

 
「あり方」から変えないとダメじゃん、

いい質問だと思っていないのに言ってもいいのか、

と思う方もいるでしょう。

 
いいんです。

 
最終的に「あり方」が変わればよい
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

のであって、

 
まずは「やり方」からでもOK!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 
確実によくなっているわけですしね。

 
 
あなたが「あり方」を改善したいと思っていることで、

まずは「やり方」から始められそうなことはありますか?

 
 
アチーバス! GO!

今日も最高の一日になりますように!

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

メルマガ購読