倉林です。

 
自分の商品やサービスが思うように売れなかった場合、
あなたならどこに焦点を当てますか?

 
かつての僕は、「なぜ売れないのだろう?」「なぜ買ってくれないのだろう?」という
「売れない理由」「買ってくれない理由」にばかり焦点を当てていました。

今は「なぜ売れたのか?」「なぜ買ってくれたのか?」という
「売れた理由」「買ってくれた理由」に焦点を当てています。

思うように売れなかったとしても、いくつかは売れているはず。
そこに焦点を当てるのです。

 
つまり、成功パターンです。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 


   

札を持った男の子8

どんなきっかけでサービスを知り、
どんなところに興味を持ってくれ、
どんな悩みを解決しようとし、
どうして購入を決めたのか?

 
これらを探り、

意図して再現させるように設計します。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 
例えば、広告の出稿場所を変えたり、
広告の表現を変えたり、
ホームページのコピー文を変えたり、
特典を変えたりします。

 
ビジネスに限った話ではありません。

ダイエットやコミュニケーションなども同じです。

 
つい、うまくいかなかった理由に焦点を当てがちなんですよね。
すごく分かりますよ。
でもね、全く効果的ではありません。
凹んで終わりです(笑)

 
ぜひ、うまくいった理由に焦点を当ててみてくださいね。

 
そのために、まずは

うまくいったところを探しましょー!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 
アチーバス! GO!
今日も最高の一日になりますように!

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう