ヒラメキ1

 
倉林です。

 
「やりたいことが見つからない」
「自信が無い」
「一歩踏み出せない」

こう悩む方はすごく多いです。

 
でもねえ、おそらく、周りの誰かに声を掛けてもらっているはずなんですよね。

「これお願いできる?」
「これやってみる?」

 
力を借りたい方や、可能性を信じている方がいるはずなんですよね。

 
声を掛けてもらったときは、
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

思い切って乗ってみてはいかがでしょうか?
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 


   

僕の場合、全くやったことも無いし、興味も無かった
「動画制作」の依頼でした。

(僕は本業は企業研修講師なのですが、
 動画制作者という裏の顔も持っています)

2年で100本以上の動画を制作していますが、
きっかけは無茶ぶりです(笑)

 
一緒に事務所を借りている方から、

「倉さんなら、動画もできると思うんだけどどう?」

とある日突然言われたのです。

 
僕は、「本当にやりたいことは動画じゃないんだけどなあ」と躊躇していましたが、
結局やることにしました。

僕の可能性を買ってくれたのがちょっとだけ嬉しくて。
それと、しつこく何度もお願いされたのもあって(笑)

 
乗せられ上手な僕(笑)は、ビデオカメラや編集ソフトなどの機材を買い揃えたりして
着実にスキルアップしていき、順調に実績が増えていきました。

 
本当に面白いものです。

僕だけの意思では動画制作には手を出していなかったでしょう。
仮に手を出していたとしても、続けられなかったでしょう。
実績もスキルも得られなかったでしょう。

 
声を掛けてもらったときは、
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

思い切って乗ってみるのもアリです!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 
アチーバス! GO!
今日も最高の一日になりますように!

 
<追伸>

もちろん、本当にやりたくないならキッパリ断りましょうね。

曖昧な態度を取るのはお互いの時間を浪費するだけですから。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

メルマガ購読