倉林です。

 
「得たい結果や、理想のセルフイメージを先に決めるのがいいですよ」
とお伝えしても、なかなか思い込みからは自由になれないものです。

アタマで意味は理解はできても、
意義が本当に分かったというところまではなかなか到達できないのです。

先日の福島でのセミナーで、参加者全員であるゲームをやって頂きました。

まず一度やってみて、時間を計測。
6.7秒でした。(←うろ覚えですが)

これが現在地です。

「さあ、ここから何秒にしますか?」
「このゲームは、自分で目標を決めて、達成してくゲームです」


   

円になる子どもたち4

そして3.5秒を目指し、3.3秒、3.0秒と少しずつ求めるものを上げていきました。

このときの基準は現在地です。
現在地の半分になったらいいなあ、などという思いからの目標設定です。

「さあ、ここから何秒になったら嬉しいですか?」

そしてついに3秒を切り、2.9秒! 大いに盛り上がりました。
そりゃそうですよね。

現在地の半分以下になったのですから。
成果で言えば倍以上になったのですから。

そして…

「さあ、まだ終わりませんよ〜。僕からのリクエストがあります。1秒です!」

結果的には何回かチャレンジして達成できました!

さて、「6.7秒」という現在地を把握した時点で、
「1秒」を達成できると思ったでしょうか?

本当は達成できるのにも関わらず、自らセーブしてしまう。
こんなことはよくあります。

体験してもらって初めて本当に分かります。

だから、目標設定するときは

「やり方、実現方法が分からない目標を設定してください」

とお伝えしています。

その上で、大きな目標に一歩近付ける小さな目標を設定してあげればよいのです。
ひとまずはこの小さな目標だけに集中します。
こちらは現在地をベースとした目標設定でもよいと思います。

まずは「やり方、実現方法が分からない目標」を設定してみてくださいね。

 
アチーバス!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

メルマガ購読