倉林です。

 
制限的パラダイム(メンタルブロック)は完全には無くなりません。

ただ、うまく付き合えるようにはなります。
あまり気にならなくなります。
行動しない理由(言い訳)にはならなくなります。

学び続けてきて、それがよく分かりました。

制限的パラダイムを完全に無くそうとすると、
どこかで歪が生じてしまいます。


   

医者に感謝するサラリーマン

制限的パラダイムには感謝しましょう。

制限的パラダイムは人間が持つ仕組みですし、
制限的パラダイムがあったからこそ
今まで生きてこられたわけです。
例えば、人の目を気にしてきたから人に嫌われずにすんだとかね。

だから、制限的パラダイムには感謝しましょう。

そして、その上で後生大事に抱えている
その制限的パラダイムを手放しましょう。
解放されましょう。

制限的パラダイムに支配されるのではなく、
制限的パラダイムを支配するのでもなく、
制限的パラダイムとうまく付き合いましょう。

制限的パラダイムが問題となるのは、

「本当は成し遂げたいこと、なりたい自分があるのに、
 一歩踏み出せなくなってしまう」から。

一歩踏み出そうとするときに
「うっ…」
と感じる自分がいたら、
「わはは(笑) 制限的パラダイムが出たか〜」
くらいに思って、笑い飛ばせばいいのです。

「うっ…」と感じるのはコントロールできなくても、
その後の行為はコントロールできます。

制限的パラダイムに対する感じ方をコントロールできなくても、
制限的パラダイムとうまく付き合う方と同じような行為を取ることはできます。

まずは認識するだけでも。

競争が好きな方なら、
「願望と制限的パラダイムとどちらが大事なんだ!?」
と自分に問いかけてみるとか。

少しずつ付き合い方を変えていけばいいのです。
これからもずっと一緒にいるのですから。

 
アチーバス!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

メルマガ購読