倉林です。

 
「自信を持ちたい」(つまり、自信が無い状態)
とずっと思っていましたが、
いつの間にか思わなくなりました。

さて、僕は何をやって来たのだろう…?
と振り返ると、

「否定の無い空間でのプレゼン」をまず何度も経験し、

「人の話を否定せずに聴く」という経験を何度も積んだこと。

この2点が大きいと考えています。


   

両手の花1

アチーバス販売数・世界No.1(2014年10月度)をはじめとした
達成経験はもちろん大きいのですが、
それよりももっとずっと影響があります。

「もっと自分を出していいんだ」

と思えるようになり、そして、

「自分を出すのは当たり前」

になりました。

自分にOKを出し、
他人にもOKを出せるようになりました。

他人から承認・賞賛されるのもいいですが、
受け取れない人は多いです。

「いやいや、自分なんて…」と思ってしまうのです。

受け取るための準備が必要なのです。

話し、そして、受け入れてもらうこと。
聴き、そして、受け入れてあげること。

これが必要なのです。

まずは、「否定の無い空間でのプレゼン」を何度も経験して欲しいと思います。

 
アチーバス!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

メルマガ購読