倉林です。

 
先日の福島での「行動できる計画」の立て方セミナーで、新たなワークをお披露目しました。

それが「タイムトラベル・プレゼンテーション」

僕が名付けました ^^

「○年後の自分になりきって、『近況報告』をする」というワークです。
持ち時間は、1人3分としました。


   

幸せな男女2

何年後にするのかは自分で決めて頂きます。

多くの方は、1年後・3年後・5年後・10年後・30年後から選びます。

例えば、5年後の場合は次のような近況報告になります。

「2020年の近況報告をします。
 現在は、5年前から始めたアチーバス企業研修が軌道に乗り、
 他のゲーム型研修もいくつか提供しています。
 年商は5,000万円を超えています。
 商業出版をし、重版がかかりました!
 また、奥さん・子ども2人で温かい家庭を築いています。
 休日には家族でドライブに出かけます。
 5年前は太り気味でしたが(笑)今は標準体重です」

このように現在形で喋ると、非常に力強いメッセージとなります。

  
タイムトラベル・プレゼンテーションをやると、色々な気付きがあります。

  • 今やっていることが何につながるのか?
  • 本当に望んでいることは何か?
  • 自分が進むべき道はどれか?

喋ってみて違和感があるなら、おそらく本当にやりたいことではないでしょう。
喋ってみてワクワクするなら、おそらく本当にやりたいことでしょう。

考えているだけでは分からないことが、行動する前に分かるのです。
素晴らしいワークです ^^

本当は、「あたかも見てきたかのように未来を語る」という「ビジョン・プレゼンテーション」を考えていたのですが、
ちょっと難しいかなあと。

そこで「近況報告」に変えてみました。

簡単で気付きが大きいので、お試しあれ〜。

 
アチーバス!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

メルマガ購読