倉林です。

 
2015年は、「他人と比較しまくってやろう」と考えています。

(他に、「多くの方を巻き込む台風の目となる」「アチーバスと煮たまごを究める」などがあります)

他人との比較と聞くと、あんまりいいイメージは無いかと思います。
でも、比較はどうせ避けられません。

だったらフル活用した方がいいと思っています。

問題となるのは、他人との比較で苦しんで
「どうせ自分なんて…」と悩んで
行動できなくなることです。
そうでないのなら、いいかと。

僕が言う他人との比較は、「理想の自分」との比較です。
現在の他人と現在の自分との比較ではなく、
理想(未来)の自分と現在の自分との比較です。
どうせ比較するならね。


   

他人と比較している自分に気付いたなら、
まずはこんなセリフを口にしてみるのはどうでしょう?

「あの人すごいなあ…では、自分ならどうするかなあ?」
「自分はまだまだこんなもんじゃない!」
「自分はもっともっと成長できる!」

ヌードの女性67

比較したらむしろパワーが湧いてきます ^^

 
できれば、理想の自分像を紙に書き出すとよいです。

実は、理想の自分を紙に書き出す中で
自分がやりたいこととも向き合うことになり、
願望がより明確になりますよ。

すると、ムダな比較もなくなっていきます。

どうせ比較したり悩んだりするのなら、
方向を前向きにコントロールしてあげればいいだけです。

 
アチーバス!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

メルマガ購読