倉林です。

 
今年は、自ら台風の目になって、
多くの方を巻き込んで、
アチーバス研修をガンガンやっていくぜ!

と燃えに燃えています。

昨年10月〜12月で少しずつ種まきを進めてきました。

一人でやるのはもう限界なんですよね。

時間の限界とか、精神的に限界なのではなく、
有り余るエネルギーを活かせないのが限界ということです。
前向きな限界です。


   

もっと自分のエネルギーを解放してやらんといけませんね。
ということで、多くの方を巻き込んでガンガンやっていきますね。

 
さて、次の図をご覧ください。
『GIVE & TAKE 「与える人」こそ成功する時代』の抜粋です。

『GIVE & TAKE 「与える人」こそ成功する時代』

この図が肌感覚として分かってきたのは、
能力開発を学び始めて2年くらい経ってからです。
つい半年くらい前です。

それまでは、他人に与える行為だけが正解だと思っていました。
それがちょっと苦しくもありました。

今はちょっと異なる捉え方をしています。

相手から奪うのは論外として、
受け取ってもらえないと凹むのはちょっと違いますし、
与えると消耗するのもちょっと違います。

そう。
まずは自分が充分に満たされていないと、与えることは難しいのです。
1回だけでならまだしも、与え続けるのは難しいのです。

与える行為は尊いと思いますが、まずは自分を満たしましょう。
例えば、お金がなくて生活が苦しいのに「おごってあげるよ」なんて言われても、
受け取りづらいのです ^^;

自分を満たしていないのに相手を満たすことは難しいのです。

 
また、大事なのは、
決して一方的に流れて行くのではなく、
ともによくなる
感覚を持つことです。

与える側も与えられる側も与えられていて、
ともにエネルギー値が増します。

 
直接与える行為だけが正解ではありません。

与えられる側になったら遠慮なく与えてもらいましょう!
それだって、与える側に与える行為なのですから。

相手に活躍の場所を与えることになります。

 
もっとスケール大きく考えましょう!

これが、
冒頭に書いた「自ら台風の目となり」ということです。
与えたり与えられたりしながら、ともによくなっていきます。

 
アチーバス!

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

メルマガ購読