倉林です。

 
たまに過去を振り返ってみることがあります。

変わることを恐れ、
変わらないことを選んでいた自分は
どこに行ったのかなあ、としみじみ思います。

かつては、
自分が好きではなく、
自信がなく、
どうせ自分は変われないと思っていました。
人生は才能で決まると思っていました。

自分が変わるのではなく、
周りが変わればいいと思っていました。


   

飛躍

今は自分のことを好きだけれど、
今のままでいいとは思っておらず、
もっとできるよね?と思っています。

また、面白いのは
別人のように変わるけれども
別人になるわけではないということです。

自分はまだまだ
とは今も昔も思うけれど、
まだまだダメだと思って凹むのか、
まだまだよくなると思って奮起するのか、
大きく異なります。

たまにこうやって
「どこまで登ってきたのだろう?」
と振り返ると、
まだまだ頂上は遠いのだけれど、
ふもとも同じように遠くにあることに気付きます。

 
アチーバス!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

メルマガ購読