倉林です。

 
過去を忘れるために
仕事に打ち込むのは
あまり効果的ではありません。

一時的な馬力を生むので
一見効果はありそうなのですが。

終わりの無い苦役のようなものです。

そもそも、
過去を忘れることなんて
できないのです。

思い出さなくなるだけであって、
忘れたわけではないのです。


   

リラックス

無理矢理封じ込めようとすると、
見えないし気付けない鎖となって
自分を縛るだけ。
これが実に厄介です。

僕の経験だと、婚約破棄です。

何年もの間、忘れたつもりで、
気にしていないつもりでしたが、
自分を縛り付けていただけでした。
思い出さなくなっただけでした。

やっぱり、
事実とは冷静に向き合って、
「解釈を変える」
のがよいかな、と思います。

僕の場合は、
あえて「よい点」「得られたもの」をあげてみました。

過去の出来事は変えられませんが、
過去に対する解釈はいくらでも自由に変えられます。

自分にとってよい未来を作るための、
よい現在を生きるための、
過去に対する解釈を選択すればいいのです。

 
アチーバス!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

メルマガ購読