倉林です。

西新宿にて、アチーバス体験会を開催しました!

今回の参加者は3名。体験者2名、初体験者1名です!

チーム構成は全1チームで、3名×1チームです。

  1. 3名:体験者2名+初体験者1名

さて、今回は少し時間を延長して、55分でアチーバス同盟を達成!


   

アチーバス体験会(2014年10月29日)

前回の西新宿での体験会と同様、次のようなことを行いました。

  • ゲーム開始前に、「アチーバスに求めるもの」「そのために何をするか?」をシェアしてもらう。
  • ピットイン時に、「アチーバスが生まれた経緯、目的、得られるもの」を倉林から再度シェア。
  • ピットイン時に、「アチーバスに求めるもの」「そのために何をするか?」を再度シェアしてもらう。
  • 戦略タイムは設けない。そのかわりに、ゲーム中に戦略について話してもよい。

アチーバス体験会(2014年10月29日)

ここ数回感じていますが、55分でアチーバス同盟を達成できたのは、この施策の影響があったのでしょうね。
(この施策を初めてから、50〜55分でアチーバス同盟を達成できています)

達成感がないと、アチーバスを繰り返し楽しもうは思えません。
まずは達成感を味わって頂くこと、
つまり、アチーバス同盟を達成して頂くことがとても重要です。

さらに!

早朝のアチーバス体験会でも行いましたが、ピットイン時に次のお話もさせて頂きました。

  • コールではどんな情報が飛び交っているか?
  • ギブ・アンド・テイクでは何を渡すのか?
  • プレイにこめられた意味
  • タイムマネジメント(残り30分でアチーバス同盟を達成するために)

このように、現場での課題や、現場に持って帰りたいもの、現場に持って帰って頂きたいものも意識してもらっているため、
「楽しかった」だけでは終わりません!

徐々に進化しております。

アチーバス体験会(2014年10月29日)

お越し頂き、ありがとうございました!

ぜひまたお越しくださいね!

さらに改善してお待ちしています!

体験者の声

── 感想をご自由にどうぞ!

「勝ち負けの無いゲームという意味が分かった!」

「これは深いゲームです!」

「色んなプレーヤーと触れ合えて、学びが深まった」

「集中力が必要ですね。疲れているとキツいですね」

── アチーバスは何を学べるゲームだと思いますか?

アチーバス体験会(2014年10月16日)

「同じ目的に向かって協力し合うことで、大きな力になることを学べるゲーム」

「自分のカラダの状態が周りにも成果にも影響を与えることを学べるゲーム」

「サービスマインドが身に付くゲーム」

「自分の足りないところに気付けるゲーム」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

メルマガ購読