常々思うのは、みんな喋りたいのだということ。
言い方を変えれば、みんな聴いて欲しいのだということ。

「コミュニケーションはキャッチボール」という言葉をよく聞きますが、
みんなボールを投げる側になりたがっています。

ボールを受け止める側も必要なんですけどね。


   

ヘッドフォンで音楽を聴く女性

とは言っても、「話を聴こうよ」と言ったところで、
自分で気付いて自分で納得しない限り、
本質的には変わりません。

いま考えているのは次のようなトレーニングを提供するセミナー。

どうしたらアチーバスと絡められるかを考え中です。

  • 相手の話をよーく聴くトレーニング
  • あるいは、相手に気持よく喋ってもらうトレーニング

後者は、「ヒーローインタビュー」のイメージです。
聴くのが苦手なら、相手に喋ってもらおうという意識転換です。

この「傾聴アチーバス(仮称)」は何としてもカタチにしたい!
いや、します!

なぜなら、僕自身が、
「何で話を聴かないんだ!!!(怒)」
と思うことが多いからなのです(笑)

モチベーションの源泉なんてそんなものです (・∀・)

乞うご期待!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう