アチーバス体験会を開催すると、高確率で

「他プレーヤーに助けてもらえた」

という感想を抱く方がいます。

「助けてもらえる」というのは本当に素晴らしいこと。

自分一人だけで行えることは限られていますからね。

助けてもらった側は嬉しいものですが、

助けた側も嬉しいものです。貢献する機会をもらえたわけですから。「自分も役に立てた!」と思うことでしょう。

さて、助けてもらうにはいくつか条件があるようです。

  1. 応援したくなるくらい本気であること。少なくとも、逃げようとしないこと。
  2. 助けてもらったことを感謝できること。少なくとも、当然だとは思わないこと。
  3. 他人に与えようとしていること。少なくとも、他人のリソースを奪わないこと。

3点目の「リソース」ですが、「他人の持っているもの」と言うこともできます。時間、お金、感情、自己概念などを指しています。

「助けて欲しい」と主張するのも大事ですが、

もっと大事なこと ── 「助けてもらえる自分」になる ──

があるのだと気付かせて頂きました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

メルマガ購読